江島神社(エノシマ ジンジャ)

2007年08月09日

スポンサーリンク



湘南のシンボル的な存在の江ノ島。

みなさんは湘南の片瀬江ノ島の海岸には行ったけど江ノ島に行ったという人は意外にも少ないのでは?
ここでは江ノ島の必見なポイントを紹介します。

江ノ島は観光地であると共に多くの民家や住宅があり、独自の雰囲気を
感じさせます。最近では江ノ島アイランドスパという大きなスパ施設が
できましたが、湘南江ノ島に訪れたら是非、江ノ島の歴史を感じていただきたいと思います。アクセスは片瀬江ノ島駅から徒歩で15分くらい。有料駐車場もありますので車で来ることもできます。






江島神社(えのしま じんじゃ)

江ノ島に来たら必ずと言っていいほど、観光客が訪れるのが江島神社。



ここは日本三大弁財天(弁才天)の1つでもあります。
(他の2つは竹生島の宝厳寺と宮島の厳島神社)。

江戸時代までは弁財天を祀っており、江島弁天・江島明神と呼ばれていた。


IMG_0824.jpg


江島神社には辺津宮、辺津宮奉安殿、中津宮、奥津宮などの建物があります。


辺津宮


IMG_0831.jpg

IMG_0838.jpg


ここでは紙と鉛筆が置いてあって、人の形をした紙には自分の名前を書いて車の形をした紙には車のナンバーを書く。そして古歌を唱えながら茅の輪をくぐると罪などが清められるのだそうです。

また、江島神社は日本3大弁才天なので金運を上昇を願う方には
お祈りをすると効果があるそうです。

打ち出の小槌


昔から打ち出の小づちはどんな願いごとも叶えてくれると云われて
います。小づちを3回なでながらあなたが成就させたい願いごとや
色々な運気上昇を祈りましょう。


IMG_0833.jpg




辺津宮境内の奉安殿には八臂弁財天と妙音弁財天が安置されています。

拝観料
大人150円
中高生100円
子供50円


泰安殿

IMG_0843.jpg

辺津宮の境内の奉安殿には、八臂(はっぴ)弁財天と、 日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天・妙音(みょうおん)弁財天が安置されています。

その他

お守りやおふだ、絵馬なども購入できますので参拝したらおみやげにも
いいかもしれません。









posted by 江ノ島、鎌倉、湘南 at 22:11 | 江島神社(えのしま じんじゃ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。